目立つパーキング看板のデザインにはどんな特徴がある?

なぜパーキング看板は目立つ必要があるのか?

月極駐車場やコインパーキングなど、街中には様々なタイプの駐車場があります。しかしどんなタイプのものであっても、大勢の人々に駐車場の存在を認知してもらわなければ、利用率や回転率の向上は見込めないでしょう。

また駐車場の中には路地裏やビルの谷間など、必ずしも人々の目につきやすい立地にあるとは限りません。そこで重要になるのがパーキング看板です。大きさやデザインあるいは設置場所を工夫するだけで、駐車場の認知度や誘導効果の向上につなげることが可能になります。もちろんパーキング看板を設置する理由は、単にユーザーであるお客さんを呼び込むだけが目的ではありません。

例えば月極駐車場では月額料金や管理会社の連絡先といった利用案内、あるいは商業施設のパーキングなら駐車禁止や迷惑駐車の対策、さらに繁華街にある駐車場ならば防犯カメラの作動を認知させる防犯対策など、パーキング看板には様々な役割や目的があります。いずれにしても不特定多数の人々に認知されやすい、目立つデザインのパーキング看板であることが基本になります。

目立つパーキング看板にするならこの特徴を抑えろ!

人々から駐車場を認知してもらいたいからといって、パーキング看板に伝えたい情報を何でも盛り込んだり、派手な色彩やデザインにすればよいというものではありません。看板に情報が多すぎては読みづらいだけでなく、読むことさえ面倒で見向きもされなくなります。

これは派手な色彩のパーキング看板でも同じことが言えるでしょう。ましてや町並のコインパーキングや商業施設の駐車場を探しているユーザーのほとんどが、クルマで走行している状態です。ユーザーが求める情報が読み取れないパーキング看板は、それだけで通り過ぎてしまいます。

したがってユーザーを引きつけるパーキング看板にするには、単に目立つだけでなく、内容の伝わりやすいデザインにすることが重要な特徴になります。例えば駐車料金の安さを前面に出すならば、上限料金を大きく掲げてアピールするのが効果的。また少しでも駐車率を高めたいなら、「空き」という文字のパーキング看板が目立つように大きさや色彩をデザインし、設置場所もドライバーが認識しやすい場所に設置します。

まとめ

ここまで紹介してきたように、パーキング看板は駐車場の認知度や誘導効果の向上には必要不可欠なものです。そのため不特定多数の人々に認知されやすい、目立つデザインのパーキング看板にすることが肝心です。

ただし単純に派手にしたり、伝えたい情報を何でも盛り込むだけでは不十分。走行中のユーザーでも情報が容易に読み取れるような、内容の伝わりやすいデザインにした上で、設置場所も工夫することが重要なポイントになります。